読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くままに・・・

食レポだけじゃなくて、オススメなんかも書いてますね。

起こったことを話すぜ!!

ぼやき

さあ、今日も仕事が始まる。

受付開始や!!

と意気込む。

客「はじめてなんですけど。」

私「かしこまりました。こちらにご連絡先(住所、電話)と下記内容のご記入をお願いします。」

と指で指して説明する。

客「はい。」

客「お願いします。」

私「ありがとうございます。・・・、あとご連絡先の記入をお願いします。」

客「失礼しました。」

とまあ、連絡先の記入忘れまではよくあることだった。

 

ここからが斜め上をいっていた。

まず、携帯を見て固定電話を記入する。

そして、住所を書かずにまた手渡された。

なぜ、携帯を見て記入するのか疑問に思った私は書いてないこともあり、

住所の記入を促した。

すると、、、

・・・・

・・・・

!?

どこかのカード状のもの(自分の名刺ではない)を取り出して住所を書き始めた。

なぜ?なぜなんだ?

どうして、そこの住所を書いている・・・

そこが自宅兼なら納得はできるので聞くことにした。

私「そちら、ご自宅の住所ですか?」

客「あ、紹介者のです。」

・・・(私が聞いてなんのメリットが)

思わず一瞬沈黙してしまう

客「あ、そうか。すいませーん。」

そして、一緒に苦笑してしまう。

 

普通は自身もしくは保護者の連絡先を書くでしょ。

いや、普通とは難しいものでお客さんにとっては違ったのかもしれない・・・。