気の向くままに・・・

食レポだけじゃなくて、オススメなんかも書いてますね。

連休が台無しになって改めて考えたこと ;つД`)

ゴールデンウイークと呼ばれる大型連休、

皆様、いかがお過ごしでしたでしょうか?

 

ええ、私はご覧の通り怪我して出かけられませんでしたとも!!

今年も自転車で江ノ島まで行って、生しらす食べて帰ってくる。

そんなことを考えていましたが計画は白紙へと・・・。

 

そんなわけで、飲みに行ったりとダラダラと過ごしていたわけです・・・。

が、某店で自転車に乗ってたらこんな事故に巻き込まれたよ。とか常連仲間で自転車乗り(全員免許有)と盛り上がってたわけですが・・・、

ここで、確認したら車に乗っているわけでもなく、道路交通法規をほとんどご存知でない方のご登場です。

その発言をちょっと紹介してします。

 

会話に入ってきた時の第一声が、

「ねえ、なんで(自転車で)道路を走ってるの?」

先にお伝えしたとおり、うちら全員免許持ちです。

流石に全員固まりました。

簡単に言うと自転車は

『第一車線(一番左の車線)の左側を走れ』

が原則になっています。

場合によっては交差点などで直進、右折ができない、子供など車道走行が危ない場合があります。

こういう時は例外として歩道を走行することができます。

隅っこを走れというのでないところもポイントです。

車線中央から左側であればどこでもいいのです。

稀に側溝の上を走ってろと暴言を吐く方もいらっしゃいます。

とはいえ、日本は諸外国のように整備されてませんので寄ってあげるとことは寄ってあげます。お互いのためですから。

 

次に、

「自転車が(道路を)走ってるの危ないよね(死にたいのかしらという意味らしい)。」

いやいや、両方から見た視点で言えば、

車(自転車を含む)も十分に無茶苦茶な走り方が多いです。

法定速度を軽く20km/hオーバー、車線変更禁止エリアでの車線変更、追い越し禁止場所での追い越し、etc...

歩行者に至っても多いです。

横断禁止エリアで横断、信号無視etc...、

上げればキリがありません。

 

歩行者であれ、自転車であれ、車であれ、

事故を起こすのは人間そのものです

これ、絶対です!!

 

普通、事故を起こそうと思っている人なんかいません。

そのためのルールが作られているわけです。

実際、整備が追い付いでないことは事実なのでこれ以上のことは言うまでもありません。

 

例えば、自転車を追い越そうとする時、

一旦、車線変更をしてから追い抜くことになっています。

サイドミラーがぶつかるかもしれないスレスレで追い抜く方がよくいらっしゃいます。

そんなことないと思いますけど、自分の車の最大幅を理解してないのですかね?

電車を待っている時に電車に近いほど、電車が来た時に引き寄せられるような感じになりますよね?これと同じようなことが自転車と車の間で起きています。

接触の危険性よりこういう現象が起きることを危惧しているわけです。

接触しなければ大丈夫、そういうことではないんです。

 

歩行者、自転車乗っている方の多くがルールを知らない。大丈夫だろうと思って確認せずにやったら事故を起こす、事故に遭うんだなって改めて思います。

知ってる方から見れば、冒頭のもそうですが「え?」って思うことは多々あります。

 

知らない、教えてくれないからではなく、自分の身を守るためにも学んでみてはいかがでしょうか?