読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くままに・・・

食レポだけじゃなくて、オススメなんかも書いてますね。

バトル開始準備、知人のアドバイスも受けてきた。

やはり保険会社はクソだった その他

こんなことを度々見せられて不快に思う方もいるだろう。 

だが、大切なことなので何度でも言いましょう。

是非ともなんかの折にはこんなこと言ってる人いたな。とでも参考にしてほしい。

nightdolls.hatenablog.jp

 

前回のあらすじ↑

知人にもその某保険会社にお勤めの方がおり確実なことが判明。

いや、むしろ保証する側としていかがなものだろうか?という内容でした。

『どんだけ減額できたかが営業成績になる』

むろん、そんなことはこちら側が知った話ではない。

キチンと契約内で保証できるのか、支払えるのかそれが求められている。

そんなことはもはや関係ないようです。

 

保険料があがるということは損失分を回収する意味合いがあります。

「ご自身で入っている保険も使用していただいてなんて・・・」

と言われましたが過失割合0の私になんの関係がありましょうか?

いいえ、ありません。保険料があがって元を回収されるだけです。

保険料が上がり、使用したという履歴が残り業界で共有され、入りたい保険に入れないそんな可能性を残してしまって得なことなど一切ございません。

 

現場検証の結果、過失0と判断され決まった結果に対して「割合が~」なんて発言されること自体ナンセンスです。

本来、加害者が支払うべき賠償金を肩代わりして支払っているのが保険会社なわけです。

 

その知人も言っておりました。

「過失0で減額は許されない、是非とも裁判を起こすと言ってくれと、、、。」