気の向くままに・・・

食レポだけじゃなくて、オススメなんかも書いてますね。

なにをもって適正なのか

はいどうも、あらやさんです。

事故以来、保険会社の『適正』という言葉に正直嫌気がさしています。

ここいらで毎度、保険会社といわれても関係のない保険会社は気に障ると思うので、

『T社』と仮称されていただくことにした。

あくまでも仮称なのでご想像は皆さんにお任せします。

 

そもそも、事の発端は加害者が確認を怠り車線変更し、被害者(私)の自転車に突っ込んだことから始まります。

経緯はこの辺をご参照ください。

 

nightdolls.hatenablog.jp

nightdolls.hatenablog.jp

nightdolls.hatenablog.jp

nightdolls.hatenablog.jp

 

はい、では始めましょう。

一点集中のヘルメットの陥没跡からみると、左側頭部から落下し仰向けになって吹き飛ました。

共に約30km/hで走行しており、その相対的な衝撃はきちんとしたヘルメットがなけれが即死、もしくはいまでも入院しているレベルのものです。

きちんとしたものでなけれが同じく即死か入院したままでしょう。

脳震盪を起こして5-10分ほど気絶、目立った外傷はちょっとした擦り傷、

後日、痛みが引かず直後は映りにくい骨折が一カ所あったことのみ。

丈夫に育ててくれた親にも感謝ですが、感謝しなければいけない立役者?は自転車と

この状況下で凹む、曲がる、塗装が剥げるなどの損傷はあったものの。破断、欠損する部分は一切ありませんでした。

 

そこでお伝えしなけれがいけないのが、安い物にはそれなり理由があるということ。

値段が変われば性能が変わるのはもちろんのこと、安全面でもレベルが違ってくるということ。

そこで注意しなければいけないのが自転車のフレーム、パーツです。

つい最近では『プロがスーパーの自転車屋さんで売っているマウンテンバイク(ダウンヒル用)でダウンヒルを行ったらどうなるか』というものが出回りました。

正直、身体を張った実践です。

結果からお伝えするとダウンヒル用として売っているものの実際には向かず、街中で走るには十分な程度というものでした。

衝撃に耐えられず破損する部品と構造、嫌な軋み、効かないブレーキ。そんな車体だったようです。

 

こういうのが交通事故にあったらいかがでしょうか?

動画、コースから伝わるダウンヒルで加わる衝撃は今回の交通事故の衝撃よりは低いのではないかと経験、体感から語っておきます。

我々からしたら、フレームが折れ、パーツも破損し、最悪自分に刺さり大怪我をすることは容易に想像がつきます。

 

いまや大手となったT社、増長し決められた計算式でしか適正を評価できなくなっているようです。

適正?いや、機械的に決めたことが果たして適正というのか、いやそれはまったく違う。

専門の調査部門が出した結果といいますが、そんな知識はまったくございません。

状況によっては死に至りかねない事故で、

私からしたらしっかりとした車体・装備だったからそのまま日常生活に帰れる。

T社からしたら、しっかりしてたからその程度で済んだ。死に至らないでよかった。

そうなるはずはんです。

死亡してたら今の額なんかじゃ済みません。

 

きちんとした賠償額が支払われず、今の品質、性能よりグレードが下がったものを手に入れたとしましょう。

果たして再び事故に遭った時に今回のように済むのかどうか。考えるだけでも恐ろしいことです。極端にいうと先ほどのマウンテンバイクのグレードまで落とすのと同じ感覚です。

その辺を考えるとやはり今のグレードからは落とせない、落としたくない。というのが正直な感想です。

 

落とさなければいけない状況を作り出して次回、その責任を保険会社が負うのか?

負えるはずがありません。きちんとした賠償をせず、その状況がを自分たちが作り出したわけですから逃げたくなりますよね。

 

このような事故で、程度の外傷で済んだことは極めて稀です。

自損の話を聞くだけでも、30km/hで走るというのはことが起きたときに大変なことになるというのがよくわかります。

手足を骨折して入院した、背骨をやって乗れなくなった、短距離だからとヘルメットを被らず頭皮がズル剥けになった、、、etc。

例を挙げればキリがありません。

単独事故を起こしただけでもこのような事態になるスピードが出ているのです。

 

あえてもう一度言いますが、このような怪我だけで済んだのは奇跡なのです。

形式的に見積もりを出すのは構いません。

それは適性なことかというと否!!

 

大きくなり、増長し、なにも考えられない。

いや、自分たちの損益だけで考える必要がないという現状に陥っています。

紛争処理センターに駆け込んで満額いただくことは容易です。

そこで出てしまう疑問。

機械的にしか動けない会社は賢い会社なのか?

代理人を立ててしか動けない会社は賢い会社なのか?

弁護士が来たからめんどくさくなる前に払おう。そんなところが人の痛みがわかるのか?

 

高評価をいただいていますだ?

最初言ったことからコロコロ対応の変わり、連携連絡もまったく取れていないのに高評価ですか?

その評価、偽りとしか思えません。

家族ぐるみでお付き合いをしていましたが、この後の対応いかんでは自分が使用する際にも信用ならないので考えたいと思います。