読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くままに・・・

食レポだけじゃなくて、オススメなんかも書いてますね。

自転車屋という位置づけの再確認

自転車 ぼやき

自転車や自転車部品をネットで買って組み立てたことがあるかと思います。

ですが、それでは自分で解決できない問題が必ずどこかで出てきます。

 

それらを解決するには自転車屋さんがないとどうにもなりません。

なぜなら、知識、専用工具も豊富に揃っているからです。

(日本においてはホームセンターの隅で売っているような場所は除きます。)

 

ネットで調べれば組み立て方からメンテナンス方法まで出てきます。

なんだ簡単、自分でもやれるじゃないと思うかもしれません。

しかし、やれるかというのは全く別の話なのです。

 

という私は自転車屋で購入し、仕入れられないものだけネットで買い、お店で取り付けるスタイルです。

もちろん、自分でできる簡単なものはやってしまいます。

自転車の分解、組み立てをやってしまうのくらいなので、取付けをお願いすることは最近はありませんが・・・。

それも、これも実際に見て学んで、やり方を教えていただいたおかげです。

 

例えばですが、

稀に正規の方法でワイヤーを通すと調子が悪かったり、違和感があったりすることがあります。特に変速(外装)機能がついてるとよくわかります。

説明通りに組上げたのになぜかすごくワイヤーの引きがすごく重かったり、、、。

そこで経験値が高いからこそ、生み出せる解決方法があるわけです。

現場力ってやつですよ。

 

・ワイヤー(加工なし)に油を少し塗って滑りやすくする

・初期状態では余計な回しがありワイヤーが必要以上に折れ曲がったりしていてアウターと呼ばれるガイド兼保護チューブに擦りやすくなってゴリゴリして動きが悪く調整が必要な場合がある。

・ワイヤーを回す時に右回しなのか左回しなのか。

そんな些細なことでも動きが全然違うわけです。

 

他にも、これはもう買えた方がいいけど、(買えるお金がなければ)こうすればもう少し使えるよ。

など、

 

油圧ディスクブレーキに関してはとりあえず動けば程度に調整してあるので、

空気が入りすぎていて握りこまないと効かなかったりしますので絶対にブリーディングと呼ばれる調整作業はおこなった方がいいです。

安ければ安いほど、中途半端に設定されて出荷されている可能性が多いかと思いますので使用に際してきっちりと整備をしてやらねばなりません。

そこが自転車屋さんの腕の見せ所なんです。

 

一見、カゴなどはどれにでもつけれるように見えますがここにもポイントがあります。

じつはつけれるもの、つけれないものがあります。

気にいったけど普通ではつけれない。

そんなときでも、できうる限りのことをしてくれるのも自転車屋さんならではです。

そんな付け方が・・・。と感心させられることもしばしばです。

 

限られた手持ちの中で安く買う。それは簡単なことです。

ですが、自転車屋さんが少なくなればなるほどこのような恩恵を受けにくくなるのです。

サイクリングイベントなどを開催して自転車の魅力を知ってもらい、その後に繋がるように色々と努力をしております。

 

腰の負担も少ない乗り物ですので長時間乗れ、健康にも役立ちますので自転車の魅力を再発見するとともに、自転車屋さんの位置づけを再確認してみてはいかがでしょうか?

 

※交通ルールは守って乗りましょう。安全第一でお願いします。。

※道路が狭いので邪険にするかもしれません。自転車は原則、道路を走る乗り物です。煽り、幅寄せ、すり抜けは互いにやめましょう。

※自転車にヘルメット着用義務はありませんが有効な保護具です。着用を推奨します。