読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くままに・・・

食レポだけじゃなくて、オススメなんかも書いてますね。

家族は減ったけど、得るものはおおきかった

えー、諸事情で立て込んでブログ更新ができなかった私です。

どうも、こんにちは(*'ω'*)

 

2週間ほど前に爺ちゃんが入院したとお伝えしました。

 

nightdolls.hatenablog.jp

 

 うん、翌日にお亡くなりになりました。

自然と涙が出てきましたね。

看取りに間に合いませんでした。それだけが心残りです。

 

祖母もかなり昔に亡くしているので早く会わせてあげたい。

そういった希望から翌日、翌々日と通夜、告別式とあったわけなんですが大変だったわけです。

宗派ですることが違うのは解るので、お寺さん・互助会に段取りはすべてお任せする形になったわけですが、まずは関西・関東など地域によって飾り方や食べるものまで違ったので(互助会が)大変でした。

ちなみにうちは曹洞宗です。

 

自分の中で特殊だなと思ったのを書きだしました。

・初七日法要が終わるまでは生ものを食べてはいけない

・↑なので、お寿司はいわゆる助六寿司(いなり寿司と巻物だけ)

・花は対にして飾る

・香典は砂糖1kg

しゃれこうべ永平寺本山へ納める

 

宗派、家系(本家か分家か)、地域で準備も違います。

宗派の違いお寺さんにおまかせするとして、

地域でも形式が違うので違うので出身地域に合わせて行うのか、現在の住まいで合わせるのか。

特に集落だとそこの方法が望ましいことが多いらしいので一度確認したほうが後々のご近所トラブルを避ける意味でも確認した方がいいかと思います。

 

今だからこそ、互助会がありまとめて手配していただけるようになりかなり楽になりましたが、昔は自分で手配し、料理なども女性がすべて行っていたということなので大変だったんだなと感じましたね。

 

こんな会社なんか作りやがって・・・、なんて思っていましたが知識も豊富だしなにより希望を確認してしっかりと用意してくれる。

とても心強かったです

いまの職場を退職したらこういう場所に就きたいそう思いました。

 

実体はバタバタ、あたふたして分からない時に手伝ってくれる、事前相談にも承っているようなのでこうしてほしいというのを伝えて(もちろん身内にも)、死んだらここに声を掛けてくれと身内にも伝えておくと悩まずに済みますのでよいですね。

 

まだまだ、書きたいことはありますがそれはまた別の機会にということで。