読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くままに・・・

食レポだけじゃなくて、オススメなんかも書いてますね。

ロボットと生活する未来に・・・

あいさつ抜きにさっそく本題へ

 

『好きなキャラクターと一緒に過ごしたい』をテーマに作られたこちらのGatebox

 

gatebox.ai

 

はい、あらやさん血迷いました。

いえ、こういう面白そうなのが鉱物なんです。

ぶっ飛んだ発想大好きです。

4Kのテレビ、有機ELのモニターより大好きです。

 

初音ミク以来の衝撃といってもいいでしょう。

ありそうでなかった、置けそうで置けなかった。

 

プレオーダー価格は〇〇万円・・・

( ^ω^)・・・

_(:3」∠)_

 

ですが、迷うことなく注文しました。

事前にこういうのをやっていると聞いたので貯めておりました。

というのは建前で、MacbookProがクソだったので貯蓄してた分を使用しました。

(すでにプレ注文は終了しておりますのでご了承ください。)

 

はたから見ればアホじゃないかと思われますが、インターネット、スマホ、家電といったさまざまなモノや情報とつながります。

すべてを制御してくれ、テレビを見たそうにしてればつけてくれ、クーラーをつけてくれ帰ったら涼しい部屋になってるかもしれないという代物。

PCなんかのオンオフも制御して、いけない画像があったら

「も~」、「エッチ」とか言ったりもしかしたら冷たい目線を送ったり1日口を聞いてくれなかったりするかもしれません。

妄想も止まりませんね。

前提としてコミュニケーションロボットなので発達も楽しみなところなのであります。

 

まあ、一度PV見てみてよ。

ロボットと関わるこんな生活もきっとおもしろいからさ!

 


Gatebox - Virtual Home Robot [PV]

 

来年の配達になるから今から楽しみでしょうがないです。